3D-ioの使い方

アップロード ダウンロード 埋め込みコード 3Dビューワー


STEP1 3Dデータを投稿する

各項目を入力し、「3Dファイル選択」より3DデータをアップロードしてSTEP2に進んでください。

STEP1 3Dデータを投稿する


STEP2 ギャラリー画像を投稿する

作品投稿ページで表示する画像をアップロードします。
すでに画像ファイルがある場合は、「画像を選択」をクリックして画像ファイルをアップロードしてください。
もしくは、「撮影する」をクリックして、3Dビューワーにて好きな角度から作品を撮影することもできます。

STEP2 ギャラリー画像を投稿する


STEP3 完了

これで3Dデータのアップロードは完了です。
投稿した内容はマイページより変更できます。

STEP3 完了


アップロードできる3Dデータについて

・アップロードできる3Dデータは拡張子がSTL形式またはOBJ形式のデータです。

STLまたはOBJ

・アップロードできる3Dデータのサイズは10MB以下です。
・アップロードする3Dデータは、必ず事前にエラーチェックを行ってください。


3Dプリント用3Dデータのルール

・モデルに厚みをもたせる。

・外周面の法線の向きが、すべて外を向くように揃える。

・面をすべて閉じる。

・ブーリアン演算(ブール演算)などで1つのオブジェクトにまとめる。

・3Dプリント用3Dデータの場合、1.5mm以上の厚みを確保してください。


3Dデータのダウンロード

3D-ioは会員登録をすると、誰でも3Dデータのダウンロードを行うことができます。
ログイン後、投稿作品ページの「ダウンロード」をクリックすると、投稿された3Dデータのダウンロードを開始します。


ダウンロードした3Dデータをもとに3Dプリントする場合

ダウンロードした3Dデータをもとに3Dプリントする場合は、プリントする前に必ずエラーチェックを行ってください。


3Dビューワーをブログに埋め込む

作品投稿ページ内にある「埋め込みコード」の「サイズを選択」から任意のサイズを指定します。

オレンジ枠内のコードをすべて選択し、Ctrl+Cでコピーします。


3Dビューワーの操作方法

作品投稿ページ内の「3D-Viewer」をクリックします。

3Dビューワー画面に切り替わります。操作方法は以下のとおりです。

... 3Dビューワー画面を最大化
... リセット
... モデルをソリッド表示
... モデルをワイヤーフレーム/ソリッド表示
... モデルをワイヤーフレーム表示
... モデルの表示色を変える

ページの先頭へ